【継続に必要な3ステップ】継続のコツは事前準備と改善の方法がカギ!

継続のコツは事前準備と改善が必須!継続に必要な3ステップを解説
  • 「継続力を身に付けたい」
  • 「継続できない原因を知りたい」

この悩み解決します。

こんにちは、革命家の黄島 成(きじま なる)です。

突然ですが「自分は継続ができないなぁ」という悩みを抱えていませんか?

継続できない人は「継続が出来ない=結果が出ない」という悪循環に陥るはず。

そんな継続力がない方は、本記事の内容を理解することで改善は可能です。

結論、継続に必要なのは以下3ステップ

  • ステップ①:目標設定を明確に
  • ステップ②:目標から逆算したプロセス設計
  • ステップ③:改善は客観的に

上記の3ステップを行う事で継続が出来ない方はおそらく改善されると思います。

また、継続するための計画を立てても継続が出来なくなる落とし穴が存在する。

その原因は次の通り。

  • 目的が継続になりがち
  • 外部から邪魔が入る
  • 自分の正当化

この部分についても深堀して解説していきますので、継続が出来ないと悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

それでは早速本日の内容を見ていきましょう。

継続のコツは事前準備と改善が必須【継続に必要な3ステップ】

継続のコツは事前準備と改善が必須【継続に必要な3ステップ】

継続できない方は、次の3ステップを行うことで継続力は身に付きます。

  • ステップ①:目標設定を明確に
  • ステップ②:目標から逆算したプロセス設計
  • ステップ③:改善は客観的に

順番に詳しく見ていきましょう。

ステップ①:目標設定を明確に

継続するための事前準備として一番大事なことが目標設定です。

「貴方は何かへ挑戦する時、どのように目標設定を行いますか?」

なんとなく決めているような方は危険ですね。目標や目的は人それぞれなので自分の目標を掲げることはとても大事なこと。

しかし、明確な目標を決めない限りゴールのないマラソンを走っているようなものです。もちろんゴールのないマラソンを永遠に走ることは誰も不可能だと思います。

つまり、継続する上では必ず目標設定が必要

目標設定は、数字を使うと効果的

理由は次の通り。

  • 数字を使うことで抽象的な目標がより具体的になる
  • 数字を逆算することで今やるべきことが明確になる
  • 継続して結果を出したときに自分のノウハウとなる

例えば、億万長者になるという目標を設定した場合

  • パターンA
    「投資とビジネスを学んで会社を立ち上げて億万長者になる」
  • パターンB
    10年後には会社経営と投資で1億円を手に入れ億万長者になる

パターンAの目標では、目標が非常に抽象的なので、億万長者になるまで何を今やるべきかが定まらないです。

逆にパターンBでは、数字を使うことで目標がより具体的になり、1億円を稼ぐには何を今やるべきか定めやすい。

このように数字を使うことで、抽象的な目標がより具体的になり、今やるべきことを明確にすることができるのでおすすめです。

ステップ②:目標から逆算したプロセス設計

目標設定が完了すれば、次は目標から逆算したプロセス設計を行う。

簡単に言えば、目標までの道のりですね。

プロセス設計を行う上でのポイントは、目標から逆算すること。

例えば、先程の「10年後には会社経営と投資で1億円を手に入れ億万長者になる」 という目標で考えてみましょう。

1億円をまず10年で逆算した場合、毎年1000万円ずつ売り上げを増やしていかなといけないです。

いきなり1億円ではなく、逆算することで1億円を稼ぐというハードルの高い目標から、◯年目の目標を達成するために何をやるべきかにシフトチェンジできる。

このように細分化して、各目標に対して逆算したプロセスを設計していくとよい。

プロセス設計は1.5倍ずつハードルを上げる

プロセスを設計する時に、今の2倍〜4倍といったハードルの高いプロセスにする人がいます。

これはやめておきましょう。

なぜなら、プロセス通りに進まなくなると挫折する1番の原因になるから。

例えば、年収が250万円の人が次の目標年収を2倍の500万に目標を設定した場合

年収250万円の場合、月収が20万円ちょっとです。年収500万円を目指すなら、1ヶ月40万円ちょっと現在の2倍稼がないといけない。

もし副業を開始しても、月収2倍の+20万ほどを稼ぐことは難しいでしょう。

逆に、目標年収を1.5倍の375万円に設定した場合

月収に+10万円ちょっとく稼ぐ必要がある。

副業で、一年以内に月10万円くらいであれば頑張れば狙える範囲です。

このように、プロセス設計を行うときは1.5倍ずつハードルを上げて設計して行くとを目標達成しやすいのでおすすめです。

ステップ③:改善は客観的に

目標設定とプロセス設計が完了すれば、後はプロセス通りに物事を進めていくだけ。

しかし、プロセス通りに上手くは進まないと思います。必ずどこかで壁にぶち当たるでしょう。

そのため、行動をしていく上では改善が必要になってくる!

改善する時のポイントは、客観的に改善すること

その理由は次の通り

  • 違う視点からの見ることで様々な問題点が見えてくる
  • 上手くいかない原因は自分の考え方、やり方にあるから

例えば、カレーを食べるシーンで考えてみましょう。

  • パターンA
    「10時間かけて頑張って作ったカレーを自分が食べる」
  • パターンB
    「お店へ行きカレーを注文してカレーを食べる」

どちらも同じカレーを食べる場面ですね。

パターンAの10時間かけて作ったカレーは涙が出るほど美味しいでしょう。なぜなら完成まで頑張ったという過程を知っているから。

しかし、パターンBの10時間かけて作ったカレーではどうでしょう。

パターンBの人は完成までの過程なんて知りません。なので「普通のカレーだ美味しいなぁ」くらいだと思います。

もし何かを提供する場合、相手は過程ではなくて「美味しいか、美味しくないか」の結果を求めている。

ビジネスも同じで上手くいかない時は、何かがよくない時や相手側が評価していない場合が多い。

そんな時には、客観的に見つめ直すことで問題点が見えてくるはずです。

また、周りの意見を聞いて問題点を探すという手法もある。

つまり上手くいかない時は、客観的に見つめ直し改善することをおすすめします。

絶対に避けたい継続できなくなる落とし穴

絶対に避けたい継続できなくなる落とし穴

完璧に継続するためのプランを計画をしたが、継続できないということも多々あります。

その原因として考えられるのが次の通り

  • 目的が継続になりがち
  • 外部から邪魔が入る
  • 自分の正当化

順番に詳しく見ていきましょう。

 

落とし穴①:目的が継続になりがち

継続ができなくなる一番の原因として考えられるのが、目的が継続になることです。

継続することはあくまで、結果を出すためのプロセス!

継続すれば結果が出るという考え方をする人がかなり多い。

しかし、残念ながら継続をするだけでは結果は出ないです。

結果はすぐに出ないという考え方は正しい

「行動→失敗→改善」を繰り返した積み重ねが結果として急に現れます。

なので、継続するだけではただ時間を浪費しているだけなので無意味に近い。

大事なのは、PDCAをフル回転し続けること。

そのため、継続が目的となっている方はすぐにマインドチェンジをすることが必要です。

落とし穴②:外部から邪魔が入る

外部から邪魔が入ることで継続ができなくなることも多々あります。

考えられる外部からの邪魔は次の通り

  • 「周りからの評価や意見」
  • 「情報に目移りし目標がブレる」

何かを頑張っている時は、なぜか普段関わりのない人が寄ってきたり、利用しようと考える人が寄ってくることが多い。

その時、美味しい話を提案されたり、周りが批判されたりすることによって、目移りしたりする人は多いはず。

典型的な流されやすい人の特徴ですね。

このように、外部から邪魔が入ったとしても一度掲げた目標は決してブラさないように注意が必要です。

落とし穴③:自分の正当化

結果が出ない時に精神的に陥るのが、自分の正当化です。

結果が出るまでの期間が非常に辛く「こんなに頑張っているのになぜ?」というふうに誰しもがなると思います。

そんな時に精神的に落ち込むことで、継続できない人はできないい理由を探してしまう。

そして

  • 「これはそもそも無理だろう」
  • 「こんなの自分には無理だったんだ」

という考え方になってしまいます。

このような精神状態に陥らないためには、とにかく手や体を動かすことが大事。

無我夢中に頑張っている時って別のことを考える暇がないはずなのに、このような考え方になるのはサボっている証です。

つまり、行動や手を動かし続けることで自分を正当化しようとする考え方やネガティブ思考から抜け出すことが可能です。

まとめ

今回は継続に必要な3ステップと継続ができなくなる落とし穴について解説しました。

継続のコツ3ステップのおさらい

  • ステップ①:目標設定を明確に
  • ステップ②:目標から逆算したプロセス設計
  • ステップ③:改善は客観的に

継続ができないって悩んでいる方は上記の3ステップで事前準備と改善を繰り返しましょう。

継続ができなくなる落とし穴のおさらい

  • 継続が目的になりがち
  • 外部からの邪魔が入る
  • 自分の正当化

継続できなくなる落とし穴としては上記の3つが上げられます。

上記3つの落とし穴からは避けて通ること、また自分の意思は決してブラさないことを徹底しましょう。

自分はもともと、何をやっても最長で6ヶ月しか継続することができなかった身です。

しかし、考え方とやり方を改善し今では、継続することは当たり前中の当たり前になりましたので、継続できない方は是非参考にしてください。

今回はこれで以上となります。この記事が参考になった場合は是非シェアしてくれたら嬉しいです。

-革命哲学