Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c0959078/public_html/kakumeigroup.online/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
【初心者必見】コピーライティングのコツは価値と魅力を伝える文章力!

【初心者必見】コピーライティングのコツは価値と魅力を伝える文章力!

【初心者必見】コピーライティングのコツは価値と魅力を伝える文章力!

person_remove_alt_1「コピーライティングのコツやテクニックが知りたいな」
person_remove_alt_1「サービスや商品の価値や魅力を文章で伝えるコツを知りたいな」

この悩み解決します。

現代では、Web上でサービスや商品を購入する人たちが年々増えてきています。そんなWebで成果を上げるために使える技術が「コピーライティング」です。

コピーライティングを極めると得れるメリットは以下通り

  • ウェブを活用して集客や売り上げやをアップさせることができる
  • 価値や魅力を文章で伝えるテクニックが身に付く
  • ユーザーの心を動かすことが可能となる
  • お金持ちになれるかも...

文字で人を惹きつけたり、心を動かしたりするコピーライティングの技術はこの世に文字が存在する限りなくなることはありません。なので、コピーライティングのスキルを身に付けることで人生が多少イージーになるでしょう。

文章を使う仕事や副業をしている方や挑戦している方は是非今回の内容を参考にしてください。

本日の記事内容

それでは早速詳しく見ていきましょう。

コピーライティングの定義

コピーライティングの定義

コピーライティングとは

コピーライティングとは、人間の心理を理解し言葉や文章で人の行動を変える技術。
具体的には、人の心理に語りかけ、読んでいるうちに気づいたら購入していたという状態を作り出す広告文やキャッチコピーです。

有名な企業や商品のキャッチコピーの代表例は以下通り。

  • マクドナルド
    「i’m lovin’ it」
  • ファミリーマート
    「あなたと、コンビに、ファミリマート」
  • ボラギノール
    「痔にはボラギノール」
  • インテル
    「intel inside/インテル入ってる」

このようにコピーライティングでは、印象に残るキャッチコピーなどを作る技術が求められます。また、商品やサービスの魅力や価値を伝えユーザーの購買意欲を沸き立てる文章力も必要となってくる。

コピーライティングの目的はあくまで結果です。

  • 読者の心を動かすことはできたのか?
  • その文章で売り上げは上がったのか?

という部分の結果です。この2点に重きを置きコピーライティングを行うことが前提条件。

人は感情で購買する生き物です!

  • 財布の紐を緩める瞬間
  • 行動したいと思う瞬間
  • 興味が沸く瞬間

全ての瞬間には感情が存在する。そのため、心の中に語りかけるような文章を作成する必要があります。

自己満な文章では何も意味がないため、コピーライティングを行う際はゴール地点を明確にし、ブラさないようにしておきましょう。

読者が抱える3つのNOTを大前提として理解しておこう

読者が抱える3つのNOTを大前提として理解しておこう

コピーライティングを行う上での大前提として読者の3NOTというのがあります。

  • 読者は「読まない」
  • 読者は「信じない」
  • 読者は「行動しない」

上記の3つのNOTが読者の特徴です。順番に詳しく見ていきましょう。

3NOT①:読者は「読まない」

まず1つ目が、読者は基本的に文章を流し読みするためちゃんと「読まない」です。

何かを調べたりする時や広告を見た時は、最初は自分に必要な情報や興味しかない部分しか見ません。自分も同じ立場だったら同じだと思います。

例えば、Googleで「海外旅行 費用」と検索した読者の場合

  • 海外と日本を往復するための交通費のいくらか?
  • 海外の宿泊先の料金はいくらかかるのか?
  • 旅行先で使う遊び金はいくらあれば十分か?

などを知りたいと読者は考えていると思います。この文章の中に、「パスポートの取り方の方法」を書いても意味がないですよね。

つまり読者は必要な情報や興味のある情報しか読まないです。

そのため、基本的に読者は「読まない」ことが大前提の1つ目。

3NOT②:読者は「信じない」

2つ目が、読者はあなたの書いた情報や文章を基本的に「信じない」です。

商品やサービスに価値や魅力があり過ぎたとしても読者のすぐに信じずに、他のサイトでクチコミを調べたりするのが基本。

例えば、あなたがスーツを作りたいなとしている時に初対面の人に「無料で50万くらいのオーダースーツを作りますよ」と言われても信じないはずです。このように、あなたの文章を読む読者は初対面の方がほとんどです。

なので、文章の中でどれだけ信憑性を高めるかが重要となってくる

基本的に読者は「信じない」というのが大前提の2つ目。

3NOT③:読者は「行動しない」

最後の3つ目が、文章を見て価値や魅力を感じても読者は「行動しない」です。

読者が行動をしない本質は、めんどくさいから。

例えば、早起きしたほうがよいとわかっていても休日に昼過ぎまで寝ちゃう事など多々ありあますよね。このように、人はやった方がことや、得すると分かっていたとしてもなかなか行動に移しません。

自発的に行動するならまだしも、広告文やセールスライティングのように他人からの意見に関してはなおさら行動をしないでしょう。

そのため、読者が行動するきっかけ作りを出来るかが鍵となる。

読者はなかなか「行動しない」というのが大前提の3つ目。

読者の3NOTおさらい

3つのNOTは非常に大切な考え方なのでおさらいしておきましょう。

  • 読者は「読まない」
  • 読者は「信じない」
  • 読者は「行動しない」

また、コピーライティングだけに関わらず様々な業界でもこの考え方は有効です。

例えば、営業やサービス業や飲食業などのお客様が存在する全ての業界も同じ。

そのため、この3つを解決する切り口戦略が攻略のカギとなる。

「明日から使える」文章で価値と魅力を最大限伝えるコツ5選

明日から使える」文章で価値と魅力を最大限伝えるコツ5選

コピーライティングのコツ①:ペルソナ設定と価値の明確化

マーケティング用語で使われるペルソナは、「架空の利用者ユーザーを想定し設定」すること。

ターゲット設定とは違い、細かい部分まで想定して架空の利用者を想像する必要があります。

ペルソナ設定の具体例は以下通り。

ペルソナ設定の正しいやり方

このように細かく架空の利用者像を設定することを「ペルソナ」と呼ぶ。

想定したペルソナを設定することで、読者の行動パターンや思考などが見えてくるため価値や魅力の伝え方を考え出す事が可能となります。

Why?を3回繰り返すと本質が見えてくる

読者が価値や魅力を感じるときはどんな時かわからないときはWhy?(なぜ?)を3回繰り返すと見えてきます。

例えば、ブランドバックが欲しい人の場合

person_remove_alt_1「ブランドバックが欲しい」→なぜ?
person_remove_alt_1「おしゃれって思われたい」→なぜ?
person_remove_alt_1「モテたいから」→なぜ?
person_remove_alt_1「モテないから」

このように、Why?(なぜ?)を3回繰り返すと本質が見えてきます。

なので、ブランドバッグが欲しい人には承認欲求を揺さぶるような文章や言葉で価値や魅力を伝えると効果的。

つまり、ペルソナ設定を行い、Why?を3回繰り返して読者の価値を明確にすることがコツの1つです。

コツ②:タイトルや見出しには数字を使うこと信憑性がアップ

昔は情報に価値がありましたが、現代では「どの情報を誰が言うか」によって価値が全く変わってきます。

そのため、情報より信用の方が優先順位が高いため、読者の信頼を得ることが一番重要。

この信頼を獲得するテクニックとして、見出しやタイトルに数字を使うと非常に効果的。

例えば、転職に関しての広告文などを作成する場合

person_remove_alt_1「〇〇で転職をした僕は年収が倍になりました。」
person_remove_alt_1「〇〇で転職をした僕は年収300万円→年収600万円へ上がりました。」

上記のように数字を使うことで、具体性や信憑性がグンっと上がります。

このテクニックは非常に効果的なので、タイトルや見出しに数字を使うことをおすすめします。

偶数より奇数を使うとさらに効果的

ちなみに数字を活用する時は、偶数よりも奇数の方が読者の目を惹きやすいです。

その理由は、マーケティング心理学で効果が上がることが実証されており、人間の脳は偶数よりも奇数の方が自然的で心地よく感じる傾向があるから。「奇数の法則」と呼ばれる。

例えば、全世界で2000万部以上売り上げたスティーブン・R・コビー博士の世界的ベストセラー「7つの習慣」のタイトルにも奇数が使われています。

この本のタイトルが「6つの習慣」や「8つの習慣」ではインパクトがなかった可能性が高いです。

このように「奇数の法則」は人間の心理的にもめちゃくちゃ有効なのでぜひ活用してみてください。

コツ③:文章はPREP法を意識して作成する

文章を書く時に活用できるフレームワークとして「PREP法」がおすすめです。

PREP法とは、結論→理由→具体例→結論の順番で文章を作成していくフレームワーク

小説などではあまり使われないですが、Webライティングでは基礎となっており、PREP法を使うことで魅力的で読みやすい文章となる。

読者は結局、結論を求めています。

例えば、先ほど例に上げた「〇〇で転職をした僕は年収300万円→年収600万円へ上がりました。」と言うタイトルに惹かれた読者の場合。

読者は年収が倍になった具体的な方法や手段を知りたいと感じている。

そんな時に、年収が300万円だった当時の話や600万円になった時の生活の変化などを最初の文章に持ってきても魅力をあまり感じない。

最初は「結論〇〇と〇〇をやることで年収が倍になりました」というように結論を持ってくることで読者もスッキリし、具体的な続きが気になります。

なので、まずは結論を最初に持ってくること。そのあとは、理由→具体例→結論の順番で文章作成をすることがコツです。

コツ④:ポイント部分や強調部分を意識的に作る

読者は基本的に流し読みしかしないことを前提条件としておきましょう。

なので、スクロールを止める箇所を意識的に作り出す必要がある。

使えるテクニックとしては、強調部分は配色を変えたりボックスデザインなどを使い装飾を施すなど。

ただし、装飾し過ぎたり、いろんな配色を使ったりすることは避けたほうが良いです。

なぜなら、過度な装飾しすぎると目がチカチカしたり読みにくい文章になるから。

読者のストレスになる原因になるため、基本はシンプルな構成にして強調箇所は1〜2つ程度がおすすめです。

箇条書きにすることで読みやすさがアップする

強調した箇所を伝えるとき、伝えたいことがあり過ぎて長文になりがちです。

そんな時は、箇条書きを使うことでスッキリとした文章となりスクロールを止めやすくなります。

転職する時は、転職エージェントを使うメリットを伝えたい箇所の場合

転職エージェントを使うことで、自分の能力を客観的に自己分析でき、自分にあった転職先を見つけることができるので年収アップを期待できる!

という文章よりも、

転職エージェントを使うメリットは次の通り

  • 自分の能力を客観的に見つめ直すことができる
  • 自分の能力にあった転職先を見つけることができる
  • 自分で転職先を見つけるより年収アップが期待できる

このように、箇条書きしたほうがスッキリして読みやすく具体的なメリットを伝えることができます。

そのため、箇条書きをマスターすると、自然と文章力がアップして読みやすい文章を作ることが可能となる。

コツ⑤:断定的な表現を使うこと

たまに、「〇〇のような」「〇〇と思います」といった曖昧な表現を使ったりする方が多い傾向があります。

結論、曖昧な表現は絶対にNG。

なぜなら、曖昧な表現は信用がないからです。

例えば、

「IT業界などに転職するような方は〇〇エージェントを使うと年収が上がると思います」

という文章では信用はあまりできないですよね。

この文章の場合は、

「IT業界へ転職を考えている方は〇〇エージェントを使うと年収が上がります。理由はAさんやBさんも上がった実績があるからです。」

みたいな感じで断定表現を使いましょう。またその根拠などを使うとなおさら良いです。

最後に今回のおさらい

本気記事はこれで以上となります。

では今回の重要な部分をおさらいしておきましょう!

コピーライティングの定義

人間の心理を理解し言葉や文章で人の行動を変える技術。

読者が抱える3つのNOT

  • 読者は「読まない」
  • 読者は「信じない」
  • 読者は「行動しない」

コピーライティングのコツ

  • ペルソナ設定と価値の明確化
  • タイトルや見出しには数字を使うこと信憑性がアップ
  • 文章はPREP法を意識して作成する
  • ポイント部分や強調部分を意識的に作る
  • 断定的な表現を使うこと

レボグルの管理者の革命家:黄島 成(きじま なる)です。最後まで閲読ありがとうございます。

本日の内容が役に立ったと思ったら、シェアしてくれると嬉しいです。

ではまたお会いしましょう。

-ビジネス