Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c0959078/public_html/kakumeigroup.online/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
そのセルフブランディングかなり痛い。影響力が3倍になる正しいやり方!

そのセルフブランディングかなり痛い。影響力が3倍になる正しいやり方!

そのセルフブランディングかなり痛い。影響力が3倍になる正しいやり方!
  • 「自分をブランド化するにはどのような戦略が必要なのか分からない」
  • 「有名人や人気者になりたいけど全く知名度も上がらないし辛いわ」

この悩みを解決します。

現在急速にネット社会が普及したことによって受信側より発信側の方が多くなっています。そんなレッドオーシャンの中で勝ち抜く技術の1つがセルフブランディング

セルフブランディングとは、自分をブランド化すること!

セルフブランディングで得られるメリットは次の通り

  • 差別化ができ、自分のポジションを確立できる
  • 企業や有名人並みの影響力を身に付ける事が可能
  • 印象に残りやすく、認知度アップを期待できる
  • 個人スキルのみならずビジネスシーンにも応用可能
  • モテるかも...

このように数多くのメリットがある。

しかし、誤ったやり方やってしまうとただ痛い人だけで終わってしまうので今回の記事で正しいいやり方を学んでください。

本日の記事内容

それでは早速詳しく見ていきましょう。

そのセルフブランディングかなり痛い。影響力が3倍になる正しいやり方!

そのセルフブランディングかなり痛い。影響力が3倍になる正しいやり方!

セルフブランディングを間違ったやり方で行うとかなり痛いです。

そのため、正しいやり方を身に付けて痛いブランディングにならないように気をつけましょう。

正しい手順は次の通り

  • 手順①:まず最初に行うべきことは自己分析
  • 手順②:見た目とキャラ設定でブランディングを設計
  • 手順③:独自の世界観で一貫性を持って発信

では順番に詳しく見ていきましょう。

手順①:まず最初に行うべきことは自己分析

個人でブランディングを行う前に、客観的に自己分析して自分について知ることが重要です。

例えば、自分の作ったサービスを広めたい時、サービスの特徴や強みなどを知らないと価値や魅力を伝えることは難しいですよね。

ブランディングは、自分自身がサービスのようなもの。

すぐにキャラ設定へ走ったり、発信をする方が多いですがあまりおすすめしません。

何をやるにしろ最初は分析から始めることが鍵となる。

自己分析する時は、強みと弱みを明確に

自己分析を行うときに抑えておくべき箇所は次の通り

  • 他の人には負けない強み
  • 人には知られたくない弱み
  • 失敗体験と成功体験
  • 得意なことや苦手なこと

自己分析の時、「自分は専門知識や誰かより長けている箇所がないんだよぁ...」と考える方が多い。

結論、このような考え方はやめてましょう。必ずしも人とは違う強みを人は持っています。

例えば、「学歴なしの中卒」の人で考えてみよう。
「中卒」は弱みのイメージが強い。しかし、このような弱み要素でも視点を変えれば十分な強みとなりえます。

  • パターンA
    「元東大生の私が〇〇についてわかりやすく解説」
  • パターンB
    「元中卒の私が〇〇についてわかりやすく解説」

上記の2パターンの場合、元東大生の方よりも元中卒の方のほうが誰でもわかりやすく解説してくれそうな印象を感じますね。

しかし、以下パターンの場合はどうでしょう。

  • パターンA
    「元東大生の私が〇〇の専門知識を具体的に解説」
  • パターンB
    「元中卒の私が〇〇の専門知識を具体的に解説」

上記2パターン場合では、元東大生の方が信憑性が高く専門的に解説してくれそうな印象を感じます。

弱みというのは、視点を変えると十分強みに変換することが可能。そのため、「自分は何も強みがないんだよね..」と考えている方は180度視点を変えてみてください。

つまり、自己分析では自分の「弱みと強み」を考え出し、弱みが多ければ視点を変え強みへと変換することをおすすめします。

ちなみに、XMindというツールが自己分析する時に便利です

XMindというツールが自己分析する時に便利です。

X mindは、ロジック的に考える時に活用できるマインドマップツールです。

何か計画プランを立てる時や、ロジック思考で物事を考えるときに自分はいつも愛用しています。

X mindを使うメリットは次の通り

  • 論理的に自己分析ができる
  • 客観的に物事を捉えられる
  • 自分の思考を具現化できる
  • 本質を見極めることができる

有料プランと無料プランがありますが、無料プランでも十分だと自分は思います。

興味ある方は『X mind』を活用してみてください。

手順②:見た目とキャラ設定を明確にブランディング設計

自己分析が完了すれば、ある程度自分の強みの理解をすることができたと思います。次は、この強みを軸にブランディング設計を行いましょう。

ブランディング設計では、「外面的」と「内面的」によるイメージを植え付けることが鍵。

例えば、個人的に好きな有名YouTuberのヒカルさんを例に考えてみましょう。
ヒカルさんが分からない方に向けまず簡単に紹介します。

  • 名前:ヒカル(金持ちYouTuber)
  • チャンネル登録者:400万人超

祭りくじの闇を暴く動画で一気に有名YouTuberへと成り上がった。

ヒカルさんの外面的と内面的のブランディングは以下通り

  • 外面的イメージ
    「黒色と金色のツートン」「黒縁メガネ」
  • 内面的イメージ
    「トークが上手い」「早口で関西弁」「お金持ち」

上記のように、外面的と内面的のブランディングを行い、「金持ちYouTuber」としてのポジション確立に成功しました。

つまり、ブランディング設計のポイントは以下内容を明確にすすことをおすすめします。

【外面的部分】

  • 自分のイメージカラーを確立
  • 身につけるアイテムの固定化

【内面的部分】

  • 自分の強みを軸にキャラ設定
  • 話し方や声などに特徴付け

キャラ設定は必須です。理由は「貴方に魅力がないから」

セルフブランディングする人は、「有名になりたい」とか「認知度をあげたい」と考えてる方がほとんどです。

しかし、「キャラを作りたくない」や「自分の素をさらけ出したい」と考えている方もいる。自分もその中の1人でした。

ただそんな方に1つ質問ですが、今の自分に誰か魅力を感じてますか?

  • なぜ有名になれないのか?
  • なぜ認知度が低いのか?

厳しい現実的なことを言いますが、結論それは「貴方に人を惹きつける魅力や価値がないから」です。これは断言できる。

キャラ設定をしなくても魅力や価値、個性がある人はもちろんいますが、そんなダイヤの原石はすでに有名になっている。

そのため、まずプライドは捨ててキャラ設定を行ってみる、そして自分の強みをどのように価値提供をできるのか明確にしてみてください。

価値を生み出すことに成功すれば、数字は後から付いてくる。

つまり、外面的な部分と内面的な部分でキャラ設定をして、自分の強みで価値を提供することがセルフブランディングで必要なこと。

手順③:独自の世界観で一貫性を持って発信

ブランディング設計が完了し「これならいけるっ!」とおもったら、あとは発信をしていくのみです。

発信する際のポイントは以下の2つ

  • 独自の世界観
  • 一貫性を保つ

独自の世界観は強烈なイメージを心に植え付けるため、めちゃめちゃ重要です。

しかし、世界観を作ったとしても一貫性を保つことができないと今まで積み上げたブランディングは全て水の泡となる。

そのため、一度決めたブランディング戦略は一貫性を持って発信し続けないダメ絶対!途中で路線変更はダメ絶対!

独自性が強すぎる世界観は後で痛い目を見ます

独自の世界観は非常に有効ですが、過度な表現をし過ぎると後で痛い目を見ますので注意してください。

例えば、芸能人の小倉優子の事例

「こりん星から来たゆうこりん」という謎ブランディングを行い小倉優子は一時期ヒットし有名人となりました。しかし、歳を重ね急に「こりん星はそんざいしないです...」と発表しちゃったんですよ。

それから小倉優子をテレビで見ることがなくなりました。これが過度なブランディングをした人の末路です。

つまり、過度な世界観を演出しすぎても長く続きません。続かないブランディングは意味がないため、一貫性が命です。

そのため、独自の世界観を作る時は過度な演出は避けて、一貫性の保てる独自の世界観で勝負することをおすすめします。

痛いセルフィブランディング戦略の特徴と失敗例

痛いセルフィブランディング戦略の特徴と失敗例

セルフブランディングを失敗すると痛い目を見ます。

考えられる痛いブランディングの特徴と失敗例は以下3つが挙げられる。

  • 見栄を張ったり嘘で塗り固められたブランディングは危険
  • 自己中心的で価値のない発信をする
  • 自分とはレベルが程遠い人をTTPする

順番に詳しく見てみましょう。

見栄を張ったり嘘で塗り固められたブランディングは危険

痛いブランディングの特徴として一番多いのが見栄を張ったり嘘をついてブランディングする人です。

このようなブランディングした場合、影響力が付いた時にボロが出て全てバレる恐れがある。

バレてしまえば今まで積み上げた信用はガタ落ちするでしょう。

一度失った信用はなかなか元に戻らないため、致命的なダメージの原因になります。

失敗例

失敗例として挙げられるのが、ビジネスインフルエンサーの竹花貴樹さんです。

竹花貴樹さんを知らない人のために簡単に紹介します。

  • 名前:竹花 貴樹(たけはな たかき)
  • Instagram:18万人以上
  • YouTube:30万人以上

元Google社員で3か国語を話せるという肩書きを武器に、InstagramやYouTubeを中心にビジネススキルの情報発信や、ビジネスを学ぶオンラインスクールを運営。

この竹花貴樹さんは、経歴詐称や嘘がバレて大炎上しました。

炎上の内容は以下通り

  • 元Google社員という経歴詐称
  • ハワイ留学したという嘘
  • 海外にオフィスを持っているという嘘
  • 海外ボランティア活動を行なってるという嘘
  • 海外に大豪邸を持っているという嘘

竹花貴樹さんは、爆発的に影響力をつけて有名になっている際に上記内容がバレて大炎上しました。

炎上はしましたが、個人的には結構お気に入りの方です。

ブランディングの本質は信用です。

あの人の情報なら信用できるという信頼感から人はファンになり、そのファンのおかげで認知度が上がり影響力を得ることができる。

信用は必ず財産となるので、得た信用を借金とするか財産とするかはブランディングと行動次第です。

結論、見栄を張ったり嘘をついたりするブランディングはやめておきましょう。

自己中心的で価値のない発信をする

無名の時に、よく自己中心的な発信をする人がいますがこの自己中心的な発信には価値がないです。

例えば、SNSで発信をする場面で考えてみましょう。

  • 「今日はランチで〇〇を食べた美味しいなぁ。」
  • 「今日ある人に〇〇と言われた、ショックがでかい。」

上記のような発信が自己中心的な発信として考えられます。

この内容で貴方は価値を感じますか?

流石に価値を感じないですよね。こんな発信しないでしょと思うかもしれませんが結構多い。

有名人だったり影響力をすでに持っているのであれば需要はあるかと思いますが、無名の時に自己中心的な発信は無意味です。

発信者がいる限り受信者が必ず存在する

ブランディングを行う目的は、影響力や認知度を獲得すること。

影響力や認知度を獲得するためには必ず相手側が存在します。

その相手側が価値を感じない限り何も生まないから時間の無駄であり、誰かに求められるためには価値が必要。

そのため、無駄なことは捨てて価値を生み出すことに注力することをおすすめします。

自分とはレベルが程遠い人をTTPする

TTPの仕方を間違えると全く意味がないので注意が必要です。

TTPが分からない方に向けて簡単に説明します。

TTPとは、徹底的にパクるという意味。

成功している人を徹底にパクれば成功するでしょという概念でよく使われる言葉。

上手くいっている人をパクることは成功法則にかなり近いです。

しかし、自分のレベルに合ったやり方とレベルの高い人のやり方ではステージが違いすぎるためミスマッチを起こす。

例えば、以下2人の場合で考えてみましょう。

  • パターンA:「フォロワーが50万人もいる方」
  • パターンB:「フォロワーが50人しかいない方」

上記2人の場合、やるべきことが違いすぎるため50人の方が50万人の方をTTPしたところで結果は出ないでしょう。

TTPのやり方を間違っている方は結構存在する。大事なことは、自分のレベルに合ったやるべきことを徹底すること。

TTPの正しいやり方

上手くいっている方をTTPするというやり方ははっきり言って間違っています。

正しいTTPのやり方は以下通り

  • 成功した人のそこにいくまでのプロセスをTTPする
  • 自分より1.5〜2倍ほどレベルの高い人のやり方をTTPする

上記内容のやり方を行えば間違いなく結果として現れるでしょう。

つまり、TTPは成功法則にかなり近いがやり方を間違えた場合意味がないので、正しいTTPのやり方を理解することが重要です。

TTPをしようと考えている方は是非参考にしてみてください。

「成功からパクれ」セルフブランディングの成功例の紹介

「成功からパクれ」セルフブランディングの成功例

セルフブランディングの成功例は数多く存在します。

成功の中にヒントは隠れているはずなので、次に成功事例を解説して行きます。

  • バラク・オバマ「元米国大統領」
  • 指原莉乃「元AKB48」
  • 武井壮「百獣の王」

順番に詳しく見ていきましょう。

 

バラク・オバマ「元米国大統領」

バラク・オバマ氏は、黒人初の大統領として世界中から注目を集めた一人です。

  • 「Change」
  • 「Yes we can」

という言葉を常に発信し、一貫性をもって世界中に訴えかけました。

このようなコアメッセージを発信することで、世界中の人に心に「変革者」というイメージを植え付けセルフブランディングに成功した一人でもある。

指原莉乃「元AKB48」

元AKBで、現在はバラエティーでも大活躍している方です。

AKB総選挙では、毎年10位ずつ順位を上げていき、最終的には1位になった実力者。

彼女が行ったセルフブランディングは、逆張りの方法でした。

  • 可愛くない
  • 歌が上手くない
  • 踊れない

このようなアイドルとは真逆の3要素を一貫してAKBのトップへと上り詰めました。

ネガティブイメージで差別化をはかり、バラエティーへとシフトチェンジすることで親近感を獲得するという手法だと考えられます。

武井壮「百獣の王」

白のタンクトップと百獣の王というキャッチコピーが印象的なタレントです。

彼は、十種競技のチャンピオンとなるが世間からは認められないことに不満があったとのこと。

その結果「人を楽しませられないヤツが人に認められるはずがない」という結論が出たそうです。

そうして、並外れた身体能力と個性的なキャラを武器に「百獣の王」としての売り出しセルフブランディングに成功しました。

武井壮さんの考え方として

  • 「なにを提供できるのか?」
  • 「それを求めるのは誰なのか?」
  • 「そのメッセージをどう伝えるか?」

この3点がセルフブランディングで重要だと講座で熱く語っていました。

成功例から見えたはヒントは、「ポジションの確立と独自の世界観と一貫した発信」

成功例から見えたブランディング戦略のヒントは以下通り

  • ポジションの確立
  • 独自の世界観
  • 一貫した発信

結論セルフブランディングで重要な要素は上記の3つ。

この中でも最重要なポイントは一貫した発信だと自分は考えます。

「継続は力なり」とも言われたりするので、セルフブランディングでは一貫性を意識することをおすすめします。

ちなみに、「自分は継続が苦手なんだよなぁ」って方は『継続のコツは事前準備と改善が必須!【継続に必要な3ステップを解説】』をどうぞ。

セルフブランディングを研究したい方は読んでおきたい本

セルフブランディングを研究したい方は読んでおきたい本

自分が数あるブランディングに関する本を読んだ中で、「これは革命的だ!」思った本を共有できればと思います。

革命的と感じたおすすめの本は以下3つ

  • ①:自分1人、1日でできる パーソナルブランディング 
  • ②:ドリルを売るには穴を売れ
  • ③:ブランディングの教科書: ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる

順番に共有していきたいと思います。

 

自分1人、1日でできる パーソナルブランディング 

ブランディングについて学びたいと思っている方には個人的に一番ベストだと思う本が『自分1人、1日でできる パーソナルブランディング  』

セルフブランディングの全てが詰まっているといっても過言ではない。

筆者は、ウェブブランディング戦略のスペシャリストと呼ばれる草間淳哉(くさま じゅんや)さん。

中小企業のブランディング戦略のサポートや年間1200万PVの「ナガブロ」運営したり年間120回以上の講義など多岐にわたり活動を行っている方です。

『自分1人、1日でできる パーソナルブランディング』で学べること

  • まずは自分を知ること、それからあなたを本当に必要としている人は誰ですか?
  • ライバルの裸を丸裸にしてしまおう
  • 自分の軸を作り出し、具体的なパーソナルブランディングを確立
  • ブログ、SNSでパーソナルブランドを浸透させる
  • パーソナルブランドをさらに飛躍させる

ウェブ中心の本となっているので、現代では欠かせないネット上でのブランディング戦略が身に付きます。

自分自身をブランド化したい方は一度は読んでおきたい1冊が『自分1人、1日でできる パーソナルブランディング

ドリルを売るには穴を売れ

ブランディングはマーケティングの一種であるため、マーケティングスキルが必ず必要となる。

このマーケティング初心者のための入門的1冊が『ドリルを売るには穴を売れ

本のタイトルのように、ドリルを買う人はなぜ買うのか?目的は穴を掘りたいからですよね。

顧客の本質を見極けてどのように価値提供するかがマーケティングの基礎です。

この本は、マーケティングを学ぶ上で絶対に避けては通れない1冊として初心者に爆裂に人気を誇っている。

『ドリルを売るなら穴を売れ』で学べること

  • マーケティングの基礎理論と本質
  • ベネフィット(顧客にとっての価値)
  • セグメンテーション(顧客の細分化と価値提供)
  • ターゲティング(市場規模、競合性、優位性、顧客必要性)
  • 差別化(競合にない価値、自分を選んでもらう方法)
  • 4P(価値を提供して対価をもらうための具体的な手段)

ビジネスは価値と対価で成り立っています。

どのように価値提供をするのか、その価値に対してどのように対価をもらうかの全てを学べる1冊が『ドリルを売るには穴を売れ

ブランディングの教科書: ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる

ブランディングに関して実践的に学びたいって方は『ブランディングの教科書』に限る。

再現性と成果を目的に作られた1冊となっているため、結果を出したいって方はこの本に書かれていることを実践すればかなり再現性が高いです。

ブランディング戦略の基礎知識から手順まで丁寧に書かれているため、まさしく初心者の教科書のような本なのでおすすめ。

『ブランディングの教科書: ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる』で学べること

  • 第一章:ブランドとは何か?
  • 第二章:立脚点を揃える
  • 第三章:環境変化を捉える
  • 第四章:ブランド戦略を策定する
  • 第五章:評価指標を設定する
  • 第六章:STP戦略を策定する
  • 第七章:デザインポリシーを策定する

ブランディングの基礎知識と実践的知識がびっしりと詰まったまさにブランディングの教科書というイメージでした。

ボリュームも満載なので、初心者にめちゃめちゃおすすめの1冊が『ブランディングの教科書: ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる

最後に今回のおさらい

本気記事はこれで以上となります。
では今回の重要な部分をおさらいしておきましょう!

セルフブランディング戦略の手順

  • 手順①:まず最初に行うべきことは自己分析
  • 手順②:見た目とキャラ設定でブランディングを設計
  • 手順③:独自の世界観で一貫性を持って発信

痛いセルフィブランディング戦略の特徴

  • 見栄を張ったり嘘で塗り固められたブランディングは危険
  • 自己中心的で価値のない発信をする
  • 自分とはレベルが程遠い人をTTPする

セルフブランディングは成功からパクれ

  • バラク・オバマ「元米国大統領」
  • 指原莉乃「元AKB48」
  • 武井壮「百獣の王」

セルフブランディングを研究したい方は読んでおきたい本

  • ①:自分1人、1日でできる パーソナルブランディング 
  • ②:ドリルを売るには穴を売れ
  • ③:ブランディングの教科書: ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる

今回の記事が役に立ったと思ったら、シェアしてくれると嬉しいです。

-マーケティング