Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c0959078/public_html/kakumeigroup.online/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
【個人で稼ぐ】Webマーケティング独学に失敗しない方法を共有します!

【個人で稼ぐ】Webマーケティング独学に失敗しない方法を共有します!

【これで完璧】Webマーケティングの独学方法と稼ぐまでの事前準備!

person_remove_alt_1「Webマーケティングを身につけたら個人で稼げるの?」
person_remove_alt_1「Webマーケティングの独学は簡単?難しい?」
person_remove_alt_1「Webマーケティングの独学方法が分からない。」

この悩み解決します。

今回の記事テーマ

個人がWebマーケティングを独学し学び稼ぐまでのステップ!

「稼ぎたい」と思い個人でビジネスへ挑戦しても最初は必ず失敗します。挑戦したことのある方は共感出来ると思います。

ただし野心がある方は、失敗しても挑戦して結果を出したいと思うはずです。じゃあどのようにすれば結果を出すことが出来るのか?

そこで登場するのが「マーケティング」
自分も結果が出ないときにマーケティングと出会いました。

現在のビジネス市場はネットの需要がすごく高い。
そのためネット上で結果を出すにはWebマーケティングスキルを身につける必要がある。

なのでWebマーケティングスキルを習得したい方は、今回の記事内容を参考にしてみてください。

結果を出して自信に満ち溢れる人へと成長してくれることを望んでます。

本日の記事内容

それでは早速見ていきましょう。

Webマーケティングを独学で学んで稼ぐことはできる?

Webマーケティングを独学で学んで稼ぐことはできる?

結論、独学でWebマーケティングスキルを身に付け稼ぐことは可能です!

その理由は以下通り

  • 市場規模が今後も伸び続ける
  • 固定コストが低く利益率が高い
  • 収入の天井がほとんどない
  • 個人でも結果を出している人はいる
  • 個人でも稼げる環境が現在揃っている

Web業界の市場規模は2021年の現在では約2.3兆円くらいで、2023年には約2.8兆円を超えると予想されている。そのため市場は今後も伸び続けるでしょう。

さらに、個人でWeb業界へ参入するとしても固定費は「サーバー代の数万円」と「ドメイン代の数千円」ほどで参入することが可能。またSNSや無料のプラットフォームでマネタイズする場合は固定費がほとんどかからない。

ただし参入障壁が低いってことは参入する人が多いためレッドオーシャンとなり競合が多くなる。

person_remove_alt_1「そんなに競合が多くてレッドオーシャンだと稼げないじゃん」

と感じているかもしれませんが、Web業界では参入する人が多い分、結果を出す人と出せない人がハッキリ分かれる。弱肉強食ですね。

個人で稼いでいる人がいないならまだしも、個人で結果を出している人がいる限り稼ぐことは可能です。しかも収入の天井がないため頑張り次第では億を超えることも十分あり得る。

このように個人でも稼げる環境が全て揃っているWeb業界では、個人で稼ぐことは十分に可能です。

独学でwebマーケティングを学ぶメリット

person_remove_alt_1「競合が多いWeb業界では独学で学んだとしても結果を出すのは厳しいんじゃないの?」

と思う方もいると思います。
確かに独学よりスクールや企業に所属して学ぶ方が効率は良いかもしれません。しかし独学にもちゃんとメリットはあります。

  • 個人で稼ぐスキルが身に付く
  • 自分のノウハウとなるため情報資産となる
  • その他ビジネスでも活用できマネタイズ可
  • 論理的思考能力が身に付く

1番のメリットは結果に対する対価が大きいこと

「個人で稼ぐ」と「企業で稼ぐ」では全く意味が違ってきます。

  • 会社員「新規事業を1人で1000万円売り上げた」
  • 個人「1人で1000万円売り上げた」

企業の人件費は、売り上げの大体10%くらいが一般的。
そのため上記の会社員が1人で1000万円売り上げても100万円しか給料として貰えない。しかし個人の場合は1000万円まるまるを獲得することが可能。

この2人が売り上げた1000万円という結果は同じですが、個人と会社員では結果に対する対価が10倍違うんですよ。不思議ですね。

つまり、独学する1番のメリットは「個人で稼ぐためのスキルが身に付き結果に対する対価が大きい」ところです。

Webマーケティングを独学するなら主に4つのスキルを身につけよう

Webマーケティングを独学するなら主に4つのスキルを身につけよう

Webマーケティングを独学する前にどんなスキルを身に付けるべきかを明確にしないと目標設定ができないです。そのため必要となるスキルは把握しておきましょう。

Webマーケティングで必要となる4つのスキルは次の通り。

  • PDCAサイクル
  • ライティングスキル
  • ブランディングスキル
  • デザインスキル

順番に詳しく見ていきましょう。

その①:PDCAサイクル

Webマーケティングを行う上で基本スキルとして身に付けておくべきスキルがPDCAサイクル。PDCAとは、以下の頭文字をとった略です。

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

Webマーケティングでは、このPDCAサイクルを回し続けることが基本となる。
何かに挑戦するは、まずは計画→そして実行→進捗を評価→改善→そしてまた計画して実行する。ぶっちゃけこの繰り返しです。

PDCAサイクルで最も重要な部分はAction(改善)

失敗するほとんどの方は、計画、実行、評価のみで判断し、一番面倒で泥臭い改善を怠ってしまいます。

例えば、「野球でホームランを打つ」という目標を立てた場合。

  1. ホームランを打つために必要なことを計画
  2. 素振りやバッティングセンターなどで練習
  3. 試合当日にホームランを打てたのか評価

上記を行なった結果、ホームランを打つことはできませんでした。

person_remove_alt_1「練習量が足りなかったんだもっと練習量を増やし次はホームラン打ってやる!」

これでは結果が出るまでに時間がかかると思いませんか?
計画、実行、評価は何かに挑戦するときは大大前提ですが、結果を出すためにはAction(改善)する力が絶対に必要です。

そのため、独学で身につけるべきスキル1つ目がPDCAサイクルです。Action(改善)が一番重要部分。

その②:ライティングスキル

Webマーケティングを行う上ではライティングスキルも必ず必要になります。ライティングは文章のこと。

Webで成果を上げるには主に以下のライティングスキルが必要です。

  • Webライティング
    「読者が読みやすい文章を作成する文章力」
  • SEOライティング
    「検索エンジン最適化で検索上位表示する文章力」
  • セールスライティング
    「商品やサービスを売るための文章力」
  • コピーライティング
    「心を動かし行動のきっかけを作り出す文章力」

このように、 Webでは主に4つのライティングスキルが求められます。
また、文字が存在する限りこのライティング力があるとその他ビジネスでも強力な武器となる。

そのため、独学で身につけるべきスキル2つ目が4つのライティングスキルです。

その③:ブランディングスキル

ブランディングとは、イメージの象徴を作り出すスキルです。
商品やサービスを売り出すときはブランディング戦略がカギとなる。また自分自身を売りにするのであれば、ブランディングは必要不可欠です。

ブランディングの本質は信用と価値!

独特の切り口や商品・サービスの強みで価値を生み出し、どのように顧客の信用を獲得するかが重要。

例えば、なぜ人は超高級なブランド品を求め購入するのでしょうか?

そこには、目に見えない金額と同じ信用と価値(ブランド力)があるからです。

現在普及しているSNSでもフォロワーが多い人と少ない人で分かれていますよね。この違いは、その人に信用と価値があるかないかというのが数字として表面上に表れています。

今の時代、「どんなサービスや情報を発信するか」ではなく「誰がどのサービスや情報を発信しているか」に価値がある。そのため、自分のサービスや個人を売りにするならブランディング戦略が必要不可欠です。

独学で身につけるべきスキル3つ目がブランディングスキル。

その④:デザインスキル

上記で紹介した3つのスキルを身に付けるだけである程度結果は出るでしょう。
しかし、プラスαで身に付けると結果が倍以上になるスキルがデザインスキルです。

デザインは独自の世界観を作り出し、ユーザーを魅了することが可能!

商品やサービスを売り出すときに文章だけで勝負するのは難易度が高いです。そのため画像を作ったり動画編集したりすることで価値が伝わりやすく成果が出やすい。

しかし、このデザインに関してはぶっちゃけ自分のセンスが問われるので外注するのも全然ありですね。
ただ外注すると費用がかかり利益率が低くなるため自分でデザインスキルを身に付けることをおすすめします。

プロ並みの能力がないと結果は出ないって訳じゃないので、基礎部分や作成方法くらいは知っておいた方がいいですね。

そのため、独学で身につけるべきスキル4つ目がデザインスキル。

ちなみに自分がいつも愛用しているデザインツールはCanva

Canva:革命家愛用のデザインツール

自分はデザインスキルが全くない人間の1人です。結構ひどい方ですね笑

一応画像編集や動画編集はできますが、専門的な技術が必要になるので初心者がいきなり始めるのは厳しいと思う。

そんな「デザインに自信がない方」や「デザイン初心者」の方は間違いなくCanvaがおすすめ。
ちなみにこのサイトの画像もCanvaで作成しています。

Canvaでは、YouTube、SNS、 Webサイトに対応した画像サイズやおしゃれなテンプレなど、デザインに必要な素材が全て揃っています。

そのため、プロ並みのデザインが誰でも簡単に作成することが可能なツールです。

Canvaをおすすめする理由

  • テンプレが40万点以上ありデザインに必要な素材が全て揃っている
  • 作成したデザインは画像、動画、印刷などさまざまな形で出力可
  • マーケター、クリエイター、インフルエンサーが数多く愛用
  • PCとスマホの両方でもデザイン作成可なのでPCなくても利用可

ちなみに無料プランもあるので一度体験してみてよかったら有料プランへ切り替えるのもありですね。

自分は有料プランを使ってますが、月1500円とそんなに高くないのでめっちゃ便利です。

Canva無料体験はこちら

独学でwebマーケティングスキルを身に付ける3つのステップ

独学でwebマーケティングスキルを身に付ける3つのステップ

独学でウェブマーケティングのスキルを身に付けるためには、3つのステップを意識しましょう。

  • step①:とりあえず行動をしてみる
  • step②:数字を基準に分析しながら検証と改善を行う
  • step③:さまざまな媒体での情報収集

順番に詳しく見ていきましょう。

STEP①:とりあえず行動をしてみる

行動する前によく分析したり目標設定に時間を割いてる方が結構多いですが、結論時間の無駄です。

行動しない限りスキルは何も身に付かない。

自分が見てきた中でスキルレベルが高い人達の共通点が、その業界や業務を経験してきた長さでした。

ちなみに自分が行動する時に意識していることは失敗を繰り返すことです。人が成長するときは失敗を体験したとき自分は思う。

決して「大きな失敗を経験しなさい!」という意味ではなく小さな失敗体験でいいんです。その小さな失敗より大きな成功をすれば問題ないですからね。

小さく初めて徐々に大きくする方法がポイント

最初に大きく初めてしまうと失敗した時のダメージが大きいです。ダメージが大きすぎて挑戦できなくなれば意味がないですからね。

例えば、資金がないのにFXや仮想通貨する人が結構多いです。

投資は多くの元本がないと利益が出たとしても雀の涙ほどです。それを分かっていながら全資産を投資に回す方は多い傾向がある。

投資はお金が余って使い道がない人がやることなのでやめておきましょうね。

無料で始められる実践方法(SNS)

無料で実践したいのであればSNS一択ですね。特にTwitterがおすすめ!

Twitterがおすすめな理由は次の通り

  • ライティングスキルが身に付く
  • ブランディングスキルが身に付く
  • Webマーケティングの実践が可能
  • 獲得したフォロワーは資産になる

TwitterはWebマーケティングのスキルを身に付けることができる要素しかないSNSなのでやらない理由はないと思います。

Twitter以外におすすめなのがYouTubeかな。
YouTubeも無料で始められるためデザインスキルや数字分析もでき、うまくいけば広告収入で稼ぐことも十分可能。

なので無料で実践していきたい方は、TwitterやYouTubeをおすすめします。

少額で始められる実践方法(ブログ、アフィリエイト)

少額で始めるならブログ、アフィリエイトがおすすめです。

プログやアフィリエイトがおすすめな理由は次の通り

  • 「サーバー代:年間約1万円」「ドメイン代:年間約数千円」と固定費が少額
  • ほぼ全てのライティングスキルが身に付く
  • 数字ベースで分析力と改善力が身に付く
  • マークアップ言語の基礎知識がある程度身に付く
  • ビジネスをリアルに体感でき、能力があれば稼ぐことが可能

ブログやアフィリエイトは、Webマーケティングのスキルを全て実践しながら学べるため、めっちゃおすすめです。

ちなみに、無料ブログでも始めることも可能。
しかしWordPressという独自のWebサイト運営をする方が Webマーケティングスキルが身に付く。

なので少額で初られて稼ぎたい方は、ブログやアフフィリエイトがおすすめです。

稼ぎながら始められる実践方法(広告運用)

費用がかかるが稼ぎながら始めるなら広告運用一択です。

広告運用がおすすめな理由

  • 費用はかかるがWebサイト運営よりも結果がすぐに出る
  • セールスライティングスキルが人一倍身に付く
  • 数千円から運用することも可能なので少額でも運用可能
  • 数多くのSNSでも広告掲載できるため様々なジャンルを実践可能
  • 上手く利益が出れば広告運用だけで生活できる

広告運用は実践というよりかもはやビジネスです。
いきなり始めるには結構リスク高めですがリスクを背負ってもやりたいって強者は挑戦するのもありかもですね。

上手くいけば広告運用一本で生活できるしそのまま独立することも可能ですね。

なので、稼ぎながら実践したい人は広告運用がおすすめです。

STEP②:数字を基準に分析しながら検証と改善を行う

Webマーケティングでは、数字ベースで分析しながら成果を出すことが一般的です。

  • 数字が出ない=結果が出ていない
  • 数字が出る=結果が出ている

すごくシンプルです。そのため、数字に強くならないといけません。

数字を使って分析する時には下記の指標がベースとなる。

  • PV(アクセスされた回数)
  • CTR(クリックされた率)
  • CVR(購入、成約された率)

上記のPV×CTR×CVRはWebで成果を出すためには基本のベースとなります。

まずは露出を増やしPVを増やす、その次に売っている商材のリンクがクリックされる数を増やして、最後に購入や成約する人を増やすこと。

この3つを増やしていくことがぶっちゃけ稼ぐために必要な全てになります。

数字ベースで改善する時の指標

感情論や自分の捉え方で改善しても結論意味がないです。全てにロジックがないといけません。評価や価値は全て数字で現れるため、数字を基準に改善するスキルが必要不可欠です。

そんな改善の際に注力しておくべき数字の部分が以下通り

  • インプレッション数(目に触れた数)
  • 滞在時間(直帰率・離脱率)
  • コンバージョン(ユーザーの反応)

インプレッション数では、露出回数を増やしユーザーの画面により多く表示されるために必要なことや改善方法を考え出すこと。

滞在時間では、どのページがよく見られているのか?またどのページですぐに離脱しているのか?を徹底的に分析し改善すること。

コンバージョンでは、顧客の反応(いいね、コメント)やより多くクリックされた場所など顧客の行動パターンを分析し最適化すること。

このように全て数字を基準に見てみると問題点を数多く発見することが可能ですので、この3つを意識して改善することが大事です。

STEP③:さまざまな媒体や場所で情報収集を行う

情報が溢れている現代の情報化社会では、世の中のほとんどの情報を得ることが可能です。

独学する上では情報収集能力が必要不可欠です。

分からいことや、つまづいた時には情報に頼りましょう。ちなみに有料ではなく無料でも全然十分に情報収集はできる。SNS、YouTube、検索エンジンがおすすめですね。

ただし、情報が溢れ過ぎているからもちろん嘘の情報も存在します。そのため嘘の情報を見極める力が必要です。

見極める方法としては、1つの情報ではなく多数の情報を収集すること。

同じようなテーマの情報でも自論や仮説の情報は多いため、数多くの情報を収集すると書いている事が同じ箇所があります。同じ事が書かれている場合大体はその情報は正しいです。

なので、情報を上手く活用するか、利用されるかはあなた次第です。

壁にぶち当たったりつまづいた時は頼れるものに頼ること

人は必ず壁にぶち当たる、その時の壁をぶち壊す方法は新しい情報を取り入れることです。

壁にぶち当たる原因は、そこが自分の限界値だからです。

マインドチェンジと新しいやり方で結果がめちゃくちゃ変わってくるし、見えていなかったことも見えてきます。

ちなみに一番おすすめな新しい情報を取り入れる方法は本を読むこと。ぶっちゃけ本は一番最強です。

独学の3ステップをおさらいしておきましょう

step
1
スモールスタート意識しながらとりあえず行動する。そして小さな失敗体験を繰り返すことがポイント。

step
2
数字を基準に分析をしながら検証と改善を行う。3つの指標を意識して改善することがポイント。

step
3
壁にぶち当たったときは様々な媒体で情報収集。新しい情報はぶっちゃけ本が一番最強!

独学で失敗しないために注意しておくべきこと

独学で失敗しないために注意しておくべきこと

独学で何かを学ぶ方で間違ったやり方や考え方をする方が非常に多いです。そのため注意しておくべきことをまずは理解しておきましょう。

注意しておくべき点は主に以下4つ

  • 実践で使えないことを学ばない
  • 自分のやり方を貫くのは危険
  • 結果はすぐには出ないのが大前提
  • 人からの意見やアドバイスは聞き入れる

順番に見ていきましょう。

その①:実践で使えないことを学ばない

よくあることですが、実践で使えないこと学ぶことは避けましょう。なぜなら結果に結び付かないことが多いからです。

例えば、Webマーケティングを独学をしている時に、

  • 「自己啓発本を読む」
  • 「マーケティングの資格を取得しようとする」

このような実践とはかけ離れたことをしようとしている方は注意してください。マジで結果を出すことに紐付かないですからね。

独学をする目的はあくまで結果を出すことです。
結果を出すにはどんなマーケティング手法や行動する人間の心理学を学ぶことなどに目を向けていきましょう。

意味のないことや目的とは紐付かないことはやらない

person_remove_alt_1「それをやることでどんな意味があるの?」
person_remove_alt_1「それを今やることで目的を達成できるの?」

何をやるこれを時も、上記2点を自問自答してみましょう。もし答えられないのであれば今やる必要性はないということです。

一時期流行った言葉で「好きなことで生きていく」というパワーワードがありましたが、好きなことで生きていける人は嫌いなことをやり続けた人だと自分は思う、これは断言できる。

自分が言いたいことは、無駄を減らし必要なことを増やしましょうということです。つまり生産性です。

その②:自分のやり方を貫くのは危険

自分のやり方に誇りを持っていたり、プライドが高い方も結構多いです。

自分のやり方で結果を出しているのであれば問題はないですが、自分が見てきた中で自分のやり方を貫く人で成功した人はあまり見たことがありません。

自分自身も最初は独自のやり方に誇りを持っていました。
誰かのやり方を真似したくないって方の気持ちすごくわかります。そんなプライドの高い人に必勝法を教えましょう。

上手くいっている人のやり方+自分のやり方

この組み合わせをすることでオリジナル性が出るし、なおかつ結果が出る可能性がグンっと上がる。

上手くいっている人のやり方には必ずロジックがあります。なので自分のやり方を貫くならロジックを組み合わせることが重要です。

しかし、パクり方には注意が必要です

徹底的にパクるという意味でTTPという言葉がよく使われますが、TTPは確かに結果は出るがパクる人なしではうまくいかないなるので思考停止の原因となります。

情報やサービスは一次情報に一番価値がある。

TTPという言葉があまり好きじゃない。どうせなら盗むや奪い取るという言葉の方が好きです。(TTNかTTUTと呼びましょうかね)

誰でもできることはパクるといいです、しかしその中で自分にしかできないという付加価値があると非常に革命的です。

その③:結果はすぐには出ないのが大前提

世界中に存在するWebサイトの数は2021年現在で18億以上もあると言われており、日本では1億以上程度は存在します。このように数多くの情報が存在するWeb業界ではすぐに結果が出ないのが大前提。

例えば広告文で「1ヶ月で100万円」とか「スマホ1台で月50万円」という広告文をよく見かけますが、こんな情報を鵜呑みにして結果がすぐに出ると勘違いしている人が多いです。

結論、短期間では無理です。

広告文は利用者ユーザーを集客するために使われるマーケティング手法なので事実とは異なることがほとんど。(詐欺に近いと自分は思う)

人間には「長期的に考える人」と「短期的に考える人」の2種類に分かれます。短期的に考える人は頭が悪いとも言い換えれ搾取されやすい傾向にある。(自分も最初は頭が悪い部類でした。)

つまり結果はすぐには現れないため長期的に物事を考えて独学を行いましょう。

その④:人からの意見やアドバイスは聞き入れる

人が意見やアドバイスをするときは、自分が上手くいっていないときによく言われてることがほとんどです。

無我夢中に頑張っているときは、周りが見えないことや自分のやり方が間違っていると気づかないという問題が起こる。周りの意見が今の自分の状態がほとんどです。

自分が一番大事にしていることは客観力です。

客観的に見た自分の行動、考え方、見え方を意識しています。周りの意見やアドバイスはこの客観力の象徴です。全てを受け入れる必要はないですが、今の自分はこんな状態なんだという認識はしておいた方がいいです。

ちなみに、挑戦する時に意見やアドバイスではなくをばかにしたり陰口を叩く人がいますが、結果には、客観的には結びつかないのでこの人たちは基本無視でOKです。

Webマーケティングを独学する方が読みべき革命的な本の共有します

Webマーケティングに挑戦する方が読みべき革命的な本の共有

本を読むことは一番の自己投資です。質の良い情報収集したいのであれば本が革命を起こす。

そこで、Webマーケティングの独学を挑戦する方へ自分が実際に読んで「これは革命的だ!」と思った本を共有しておきます。

Webマーケティング独学におすすめな本は以下3点

  • ドリルを売るには穴を売れ 誰でも「売れる人」になるマ-ケティング入門
  • 「マンガでわかるWebマーケティング ーWebマーケッター瞳の挑戦!ー」
  • 沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

では順番にどんなことが学べるのかを見ていきましょう。

ドリルを売るには穴を売れ 誰でも「売れる人」になるマ-ケティング入門

Webマーケティングはマーケティングの一種であるため、マーケティングスキルが必ず必要となる。
Webマーケティング初心者のための入門的1冊がドリルを売るには穴を売れ

本のタイトルのように、ドリルを買う人はなぜ買うのか?目的は穴を掘りたいからですよね。

顧客の本質を見極けてどのように価値提供するかがマーケティングの基礎です。

この本は、 Webマーケティングを学ぶ上で絶対に避けては通れない1冊として初心者に爆裂に人気を誇っている。

『ドリルを売るなら穴を売れ』で学べること

  • マーケティングの基礎理論と本質
  • ベネフィット(顧客にとっての価値)
  • セグメンテーション(顧客の細分化と価値提供)
  • ターゲティング(市場規模、競合性、優位性、顧客必要性)
  • 差別化(競合にない価値、自分を選んでもらう方法)
  • 4P(価値を提供して対価をもらうための具体的な手段)

ビジネスは価値と対価で成り立っています。

どのように価値提供をするのか、その価値に対してどのように対価をもらうかの全てを学べる1冊が『ドリルを売るには穴を売れ

「マンガでわかるWebマーケティング ーWebマーケッター瞳の挑戦!ー」

「本読むことがあまり得意じゃないんだよね」って方は一択で「Webマーケッター瞳の挑戦!

Webマーケティングの入門書として王道のWeb漫画として有名な一冊。

この本のストーリーとしては、大手広告代理店のに勤める主人公が、 Webマーケティングを学びながら結果を出していくストーリーとなっています。

Webマーケティングに必要なスキルや手法など、結構本質的な部分を漫画にしながら解説してくれています。わかりやすく学びやすいため、初心者にはおすすめの一冊ですね。

「Webマーケッター瞳の挑戦!」で学べること

  • デジタル/Webマーケティング本質部分
  • 正しいKPI設定(中間的な目標)
  • クライアントとの正しい付き合い方
  • Webマーケタ―の働き方とトラブルの回避方法
  • 実践で使えるマーケティング手法

この本を読むことでWebマーケティングを実際に行う内容をより明確にイメージできると思います。

また、漫画スタイルなので誰でも分かりやすく学べる一冊が「マンガでわかるWebマーケティング ーWebマーケッター瞳の挑戦!ー

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

Webマーケティングを学ぶ上では、Webサイトの基礎知識が必要不可欠。WebサイトではSEO対策コンテンツ作りのスキルが重要となります。

そんな、全くの未経験ではなくある程度知識のある初心者の方におすすめな一冊が「沈黙のWebマーケティング−Webマーケッター ボーンの逆襲−

コンテンツ作りの本質部分と具体的な戦略を分かりやすく漫画で描いている為めちゃくちゃ読みやすいです。

沈黙のWebマーケティングで学べる内容

  • Webマーケティングの本質と実践に使える知識
  • 独自性がありユーザーが求めるコンテンツ作りの基礎
  • オウンドメディアとSNS運用で使えるマーケティング知識
  • Webサイトで売り上げを上げるための実践方法

Webマーケティングを学ぶ方であれば誰しも1度は読んだことがある本ですね。

具体的な戦略やコンテンツ作りを目指している方が読むべき一冊が「沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

独学が不安な方や挫折経験アリの方はスクールがおすすめです

独学が不安な方や結果の出ない方はスクールがおすすめ

独学で挑戦することが不安な方だったり、独学を実際に行なって挫折したことがある方もいると思います。

上記のような方に関しては独学はオススメしません。

無理して頑張っても成果には繋がりませんし、自分にあった学習の仕方は人それぞれ違います。

決して独学が正義ではないので、ちょっとでも不安な方や挫折経験がある方はスクールを利用してみてください。

自分が「革命的だなぁ。」と感じたおすすめのスクールは以下2点

  • マケキャンbyDMM.com
  • TechAcademy( Webマーケティングコース)

順番にどのようなスクールなのか詳しく見ていきましょう。

マケキャンbyDMM.com

マケキャンbyDMM.com

person_remove_alt_1「独学ではちょっと不安だなぁ」
person_remove_alt_1「基礎知識から実践スキルを専門家から学びたいなぁ」
person_remove_alt_1Webマーケ会社に転職してキャリアを築いていきたいなぁ」

そんなことを少しでも考えている方は「マケキャンbyDMM.com」が一番ベストですね。

独学でWebマーケティングスキルを習得する場合、仕事をしながら独学で勉強をして行かないといけないので強い精神力や継続力が必要です。

「結構自分に甘えてしまうだよね」って方は、自分のスキルレベルや進捗を管理してくれたり、分からないことがあればすぐに聞けるサポート体制が整った環境でないと厳しいです。

マケキャンbyDMM.com」では、20代で転職やキャリアアップを考えている方から大手企業やアルバイトをしながら受講している方々がほとんどです。

マケキャンbyDMM.comの強み

  • 実際のWebマーケ会社のワークを体験できるため実践的にスキルを身に作く
  • 受講生の9割が仕事をしながら学習しているから仕事をやりながらキャリアアップ可能
  • 完全オンライン受講対応中なので、家の中でも学習ができる
  • 受講生の転職成功率90%の実績があり、卒業後のキャリア形成までサポートしてくれる
  • will/can/must面談、面接対策、書類添削、キャリアカウンセリングなどの手厚いサポート体制

国内最大のwebマーケ養成スクールの「マケキャンbyDMM.com」に興味があれば、無料カウンセリングも行っているので検討して見るのもアリアリですね。

マケキャンbyDMM.comの無料カウンセリングはこちら

TechAcademy( Webマーケティングコース)

TechAcademy( Webマーケティングコース)

person_remove_alt_1「独学は不安だけどスキルを身につけて独立していなぁ」
person_remove_alt_1「結果の出る実践的な広告運用のスキルを身に付けたいなぁ」
person_remove_alt_1「わからない時にいつでも質問ができる環境で学びたいなぁ」

そんなことを少しでも考えている方は「TechAcademy(Webマーケティングコース)」が一番ベストですね。

例えば「よしダイエットするぞ」と決意しても継続できず挫折することなどありますよね。独学も一緒でモチベーションや結果がでない時に挫折する方がほとんどです。

ダイエットを成功する人の共通点は専属のパーソナルトレーナーがいる場合が多いです。TechAcademyでは一人一人に専属の担当者が存在するので結果が出やすく、継続が可能となります。

そのため独学で挫折を経験した方や、モチベーションが不安定で継続できるか不安な方は「TechAcademy(Webマーケティングコース)」が非常におすすめです。

TechAcademy( Webマーケティングコース)の強み

  • 専属のパーソナルメンターが付き、管理やアドバイスと行った全面サポート体制
  • 毎日チャットで質問し放題なのですぐに問題解決でき学習スピードが上がる
  •  Webマーケターが実際に行う業務を経験できるため実践スキルが身に付く
  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強することができる
  • 最短4週間という短期間でスキルを身に付くというスピード感が魅力的

最短最速でスキルアップを目指している方は「TechAcademy( Webマーケティングコース)」が一番おすすめです。ちなみに無料体験もあります。

TechAcademyでは、Webマーケティングコース以外にもWebに関するプログラマーエンジニアなどITに特化した幅広いコースの受講も可能です。

TechAcademy(Webマーケティングコース)無料体験はこちら

最後におさらい

長くなりましたが本記事はこれで以上となります。それでは今回の重要部分をおさらいしていきましょう。

Webマーケティング独学4つの指標

  • PDCAサイクル
  • ライティング力
  • ブランディング力
  • デザイン力

Webマーケティング独学3ステップ

  • STEP①:とりあえず行動をしてみる
  • STEP②:数字を基準に分析しながら検証と改善を行う
  • TEP③:さまざまな媒体や場所で情報収集を行う

情報収集におすすめな革命本

独学に自信がない方におすすめなスクール

約13000文字の長文でしたが閲読ありがとうございました。
サイト運営者の革命家:黄島 成(キジマ ナル)です。

本記事が「役に立ったなぁ~」と感じたら是非周りの方に共有して頂ければ嬉しいです。

ではまたお会いしましょう!

-ビジネス