Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c0959078/public_html/kakumeigroup.online/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
【疑問解決】Webマーケティングって何?基礎知識と代表的な手法6選!

【疑問解決】Webマーケティングって何?基礎知識と代表的な手法6選!

【疑問解決】Webマーケティングって何?代表的な6つの手法まで解説!

person_remove_alt_1「Webマーケティングってなんなんだろう?」

person_remove_alt_1「どんなマーケティング手法があるんだろう?」

person_remove_alt_1「メリットとか知りたいなぁ」

上記の疑問を解決します。

今回の記事テーマ

Webマーケティングの基礎知識と代表的な手法と利点を徹底解説

ネットが普及した現代では、今までには存在しなかったSNSやネットを主体としたビジネスが主流となりつつあります。そんなネット社会をうまく利用して波に乗るためにはあるスキルが必要となる。

それがWebマーケティングです。
Webマーケティングスキルを身に付けるか、身に付けないかでは未来の結果が全く変わってくるでしょう。

今回は「Webマーケティングの意味がわからない方」や「どんな手法が使われているのか知りたいと思っている方」に向けてWebマーケティングについての基礎知識を解説していきます。

今回の記事内容

今回の内容を理解することで、今後の新たなビジネス戦略のきっかけとなってくれると嬉しいです。

それでは早速、本日の記事内容を見ていきましょう。

Webマーケティングとは何か?

Webマーケティングとは何か?

そもそもマーケティングの定義は、「顧客、クライアント、社会全体」にとって価値のある製品、サービスを提供するための活動またはプロセスです。

マーケティングは、もともとオフライン上で行われていましたが、IT技術が普及したことでネットを利用するユーザーが急激に増えました。

このように普及したオンラインで行うマーケティング活動をWebマーケティングと呼ぶ。

オフラインの場合、場所などが限られるため発信範囲に限界があったが、オンラインでは世界中の不特定多数の方へ情報を発信することが可能となりました。

そのため、オンラインで行うマーケティング活動はオフラインより何十倍も効果があるため現在では主流となっています。

Webマーケティングの目的

Webマーケティングの目的は、自分の商品やサービスに興味がある人達へ適切な情報やコンテンツを届けて成果を上げることです。

例えば「検索エンジン、Webサイト、広告、SNS」などを活用し集客や売り上げアップに繋げることが目的になる。

目的を達成するためには、

  • 誰がその製品やサービス使い
  • どんな未来が待っているのか
  • 顧客がどのように価値を感じるか

などを明確にした後に計画を実行していく必要があります。

たまに「Webマーケティングスキルを悪用して稼いでやろう」という自分の利益しか考えない人がいます。稼ぐことは可能だと思いますが、このような考えでは継続して成果を上げる事は不可能。

Webマーケティングの世界では、常に顧客視点で物事を考えどのようにマーケティングして成果を出すのかを数字ベースで考える力が必要となる。

共有:基礎知識の理解を深めたいならこの本がおすすめ

Webマーケティングはどんな業務を行なっているのか知りたいなって方は「Webマーケッター瞳の挑戦」の本がめっちゃおすすめです。

漫画スタイルなので本が苦手な方でも分かりやすくWebマーケティングを理解するための基礎知識や業務内容を全て学べる。

本のストーリーは、大手広告代理店のに勤める主人公が、 Webマーケティングのスキルを習得しながら結果を出していく流れになっています。

余談でしたが、初心者には読みやすくておすすめな本なので共有してしまいました。興味ある方は是非読んでみてください。

» Webマーケッター瞳の挑戦

Webマーケティングで使われる代表的な6つの手法

Webマーケティングで使われる代表的な6つの手法

Webマーケティングで使われる手法としては主に以下6つの手法があります。

  • SEO
  • PPC
  • コンテンツマーケティング
  • メールマーケティング
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • ディプレイ広告

順番に詳しくみていきましょう。

種類①:SEO(検索エンジン最適化)

SEOは、GoogleやYahooの検索エンジンを利用してトラフィック、ユーザー、売り上げに紐付けるマーケティングの1つです。

具体的には、Googleの検索エンジンは1日約35億回も世界中のユーザーが検索します。この数多いユーザーの検索結果の上位を獲得することで、自分の製品やサービスを不特定多数の方へ発信するという手法です。別名「SEO対策」とも呼ばれる。

SEO対策を行い検索結果の上位に表示させることができれば、興味を持った見込み客へ直接アプローチする事が可能となり成果を伸ばすことへ繋がります。

SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEO対策のポイントはキーワード選定!

見込み客が調べそうなキーワードやよく調べられるキーワードを調査し、検索意図や求めてる情報を読み取り発信するスキルが必要です。

例えば、人材派遣会社をあなたが経営しているとしましょう。

転職する方は検索エンジンで情報収集する時には「転職 関東」や「転職 クチコミ比較」「転職 エージェント」というキーワードで検索するはずです。

このような見込み客の調べるキーワードに沿った情報やコンテンツ設計を行い、検索結果の上位に表示されるようなSEO対策を行う必要がある。

SEO対策では、コストをかけずに成果を出すことが可能なので、 Webマーケティング業界ではかなり代表的な手法となっています。

SEOで成果を上げるために必要な要素は以下通り

  • 検索エンジンに評価されるサイト設計
  • 情報やコンテンツの質と量
  • 魅力の伝わるコンテンツ制作
  • 価値や魅力を伝える文章力
  • ページ読み込み速度の最適化

などが挙げられる。

SEOは、 Web上で見込み客への露出を増やし集客アップを期待できる最適なWebマーケティング手法の1つ目です。

種類②:PPC(クリック課金広告)

PPCは、検索エンジンやWebサイトの広告を利用してトラフィック、ユーザー、売り上げを引き付ける手法の1つです。

具体的には、キーワードを選定してSEO対策をしなくても有料で検索結果の上位表示することのできる広告です。

基本的にはGoogle広告を活用する方がほとんどですが、最近ではFacebookなどのソーシャルメディアでビジネスの宣伝広告を掲載することも可能となりました。

PPC(クリック課金広告)とは

PPCでは、SEOと同様にキーワード選定が1番の鍵となります。
キーワード選定が完了すると広告を掲載する場所を決めて、上限入札単価を設定する流れで広告掲載は完了。(上限入札単価とは、誰かがクリックするたびに支払う上限金額)

広告の掲載順位に関しては、最高入札額と品質スコアによって決定されます。そのため少額で始めるのであれば競合の少ないキーワード(ロングテールキーワード)を狙って広告掲載することが鍵ですね。

PPCの特徴は以下通り

  • SEOよりもコンバージョン(成果)率が約50%高くなる
  • 予算に優しく、自分で自由かつ柔軟に決める事が可能
  • PPCを使うことで即座に結果を出すことが可能
  • 的確な見込みユーザー達へアプローチが可能
  • 即座に、計画→実行→結果→検証のPDCAを実行可能

PPCでは、より的確なリードを獲得し潜在的なユーザーを集客することのできるWebマーケティング手法の2つ目です。

種類③:コンテンツマーティング

コンテンツマーケティングとは、独自のコンテンツでブランド認知度とWebサイトのトラフィックの構築を行う手法の1つです。

コンテンツマーケティングでは、Webサイトやブログのみではなく「ビデオ、インフォトラフィック、電子書籍」なども含まれます。

コンテンツマーティングとは?

高品質なコンテンツを作成するときは、ユーザーの求める貴重な情報を提供することを意識しないといけません。

ユーザーは自分の利益になる情報しか求めていない。

そのため、ユーザーの問題解決や疑問解決できるコンテンツを作成することでユーザーの興味を引き立て、自分のビジネスへと紐付けることが可能となる。

コンテンツ作りのポイントは以下通り

  • ユーザーの悩みや疑問を解決や役に立つ情報の提供
  • 自分が発信する情報の権威性を保ち信用の獲得
  • 一貫性を保ち自分のポジションとブランドを認知させる

コンテンツマーケティングは、信頼と権威を構築し自分のビジネスへのトラフィックを獲得する素晴らしいWebマーケテティング手法の3つ目です。

種類④:メールマーケティング

パーソナライズされたメールでリードを確保し見込み客を育成する最も古くいが効果的な手法の1つです。

メールは効果がないと認識されがちですが、コストに対して10倍の効果を獲得できるコストパフォーマンスの高い手法となっている。

メールマーケティングとは?

メールマーケティングを開始するためには、まずメーリングリストを作る必要があります。

リストを取集する最適な方法としては、

  • Webサイトへ訪れたユーザーへ電子メールにサインアップする機会を増やす
  • 常に認識できる場所に無料メールアップフォーム配置しておく

ユーザーが魅力を感じたコンテンツであれば、「常にここの情報を収集したい」とメールアドレス登録することを選ぶはず。

メーリングリストは有料で購入することも可能ですが、本当の見込みユーザーは獲得できないため、自分で集客を行いリストを収集する方が価値のあるメーリングリストになり得ます。

効果を上げるメールマーケティングのポイントは以下通り

  • 無料ダウンロード可能な資料の提供やオンライ広告を活用
  • 購買者のリストへお得な情報、新着情報、新製品のアプローチを送信
  • リストのセグメント化(似た特徴にグループ化)しセグメントに分け送信
  • パーソナライズを行いエンゲージメントを高める

メールマーケティングは、顧客と直接繋がりパーソナライズされた配信が鍵となるWebマーケティング手法の4つ目です。

種類⑤:ソーシャルメディアマーケティング(SNS)

ソーシャルメディアマーケティングとは、SNSで発信活動を行いユーザーと直接繋がることでフォロワー、ブランド認知度をあげて売り上げに繋げる手法の1つです。

SNSを使うことで、ビジネスへのリードへと繋がりや貴重なコンテンツを簡単に共有が可能となる。

SNSを活用する場合、Facebook、Twitter、Pinterest、LinkedInなど数多くのプラットフォームから選択が可能です。

そのため、ターゲット層が最も利用するSNSや、どのようにターゲットまでに到達できるか、プラットフォームをしっかり理解することが重要となる。

全てを理解すことがで、プラットフォームと投稿するコンテンツの種類を明確に決めて戦略を立てやすくなります。

ソーシャルメディアマーケティング(SNS)とは

各プラットフォームにはコンテンツを投稿するための様々な機能があります。

TwitterやFacebookの場合は「写真、動画、コンテンツへのリンク、投票の共有」などが可能。Instagramの場合では、コンテンツの写真と動画のみに焦点を当てています。

そのため、ターゲットにあったSNS戦略が鍵となります。

ソーシャルメディアマーケティングは、顧客との繋がり、貴重な情報やコンテンツの共有するために優れたWebマーケティング手法の5つ目です。

種類⑥:ディプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトのターゲット広告で売り上げ、ブランド認知度をアップさせる手法の1つです。

ディスプレイ広告を使用すると、FacebookオーディエンスネットワークGoogleディスプレイネットワーク(世界のインターネットユーザー90%)などの広告ネットワークを利用できる。

また、画像や動画などのビジュアルを通してユーザーを広告に引き付けることが可能となります。

ディプレイ広告とは?

ディスプレイ広告を利用することで以下の異なる目標の達成が可能

  • ブランド認知度
  • 販売
  • 株式
  • フォローする
  • Webサイトのトラフィック

ディスプレイ広告を成功させるためには、ターゲットの理解が必要!
また、興味を引くキャッチコピーライティングや広告のデザインセンスなども求められます。

ディスプレイ広告は、PPCと同じようにWeb上での露出を増やしブランドの認知度獲得することで集客アップを期待できるWebマーケティング手法の4つ目です。

ちなみに、Webマーケティングの独学を考えている方は、【個人で稼ぐ】Webマーケティング独学に失敗しない方法を共有します!をご覧ください。

Webマーケティングを行う4つの利点を紹介

webマーケティングを行う4つの利点を紹介

Webマーケティングを行う利点としては主に以下4つが挙げられます。

  • 特定のターゲットへ適切にアプローチが可能
  • ブランドの認知度アップが見込める
  • コストパフォーマンスの向上
  • 結果を指標にその他ビジネスでも応用可能

順番に詳しくみていきましょう。

特定のターゲットへ適切にアプローチが可能

特定のターゲットへ訴求できるのがWebマーケティングの1番メリットです。

オフラインでは、特定のターゲットにだけにアプローチすることは難しいため無駄なコストがかかってしまうというデメリットがあります。

しかし、オンラインで行うWebマーケティングでは、特定のターゲットを絞り込むことが可能なため、少しでも興味や関心のある適切なターゲット層へ自分のサービスアプローチする事が可能となる。

そのため、導入コストの削減になり利益率が上がったり、コストがかかったとしても成果になる確率が高いため投資金額を回収率が上がる。

このようにWebマーケティングでは、特定なターゲット層へアプローチができるところが1番のメリットかもしれないですね。

ブランドの認知度アップが見込める

自社サービスのブランド力はビジネスで成果を出すためには非常に重要なことです。

Webマーケティングはオーディエンスと認知度を上げるためには非常に役立つスキルとなる。ブランドの認知度をアップさせることで、ターゲット層の市場でポジションを確立でき、競合との差別化が可能になります。

例えば、シンプルで安く質のいい服が売っているブランドと言えば何?と聞かれた時「ユニクロ」が思い浮かぶかと思います。

なので、自分のサービスもブランド認知度を上げることで、その市場でのポジション確立ができ、顧客が「これを購入するならここだな!」というように選ばれる可能性がアップする。

これによりどんどん認知度と成果が鰻登り伸びていくでしょう。

また個人でビジネスを始める方はセルフブランディングが非常に有効な手法となります。
セルフブランディングについては知りたい方はそのセルフブランディングかなり痛い。影響力が3倍になる正しいやり方!で詳しく解説しています。

コストパフォーマンスの向上

サービスの宣伝活動などをする時は、オフラインよりオンラインで宣伝する方がより安価で効果が高いです。

オフラインのラジオ広告だったり、看板広告などは結構高価になりがち。

それに比べオフラインの場合は、コストは自分で決めることができ、コストの削減ができるため無駄なコストを使わずに済みます。

つまりWebマーケティングでは、広告コストが低く効果が出る=費用対効果が抜群に高い!

結果を指標にその他ビジネスでも応用可能

何事もやってみないとわからないことがほとんどです。やり方次第で結果は何十倍にも変わってくるのがWebマーケティングの利点とも言えます。

また「クリック率(CTR)、インプレッション数、コンバージョン数」などのいつでも指標を監視できます。これにより必要に時に必要な改善と対策をすぐに調整可能となる。

オンラインビジネスの世界では、結果が出たのか出ていないのか全て数字で現れます。結果が出た時は、必ずどこかで数字の変かがあります。

そのため、結果の出た時のやり方を行えば大体上手くいくでしょう。また結果が出たやり方を参考に、Web上のその他ビジネスでも必ず通用するノウハウとなる。

つまり、結果が出たデータをベースにその他ビジネスでも応用が十分可能なところが利点の1つですね。

最後におさらい

本記事はこれで以上となります。それでは今回の内容をおさらいしていきましょう。

Webマーケティングの手法6選

  • SEO
  • PPC
  • コンテンツマーケティング
  • メールマーケティング
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • ディプレイ広告

Webマーケティングの利点

  • 特定のターゲットへ適切にアプローチが可能
  • ブランドの認知度アップが見込める
  • コストパフォーマンスの向上
  • 結果を指標にその他ビジネスでも応用可能

閲読ありがとうございました。サイト運営者の革命家:黄島 成(キジマ ナル)です。
本記事が「役に立ったなぁ~」と感じたら是非周りの方に共有して頂ければ嬉しいです。

ではまたお会いしましょう!

-ビジネス